サポート事例ニュース

【サポート事例】奇跡の5年河豚セット(河豚天海地さん)

養殖河豚は、3年目以降の生存率が急減することから2年で出荷されるのが一般的ですが、
坂出市には、なんと5年もの(!)の河豚を育てている生産者さんがいらっしゃいます。

瀬戸大橋のたもと沙弥島で、30年ほど前からフグの養殖を行っている
「河豚天海地(ふぐてんかいち)」の浜辺さん。

こだわり抜いた餌のセレクトはもちろん、
河豚のストレスを極限まで減らす工夫や、こまめな体調チェックによって、
大変希少な、5年河豚の養殖に成功しています。

■ご相談の背景

河豚は、年数を経るほど弾力が増し、身が透明から飴色に変わります。
浜辺さんの育てた5年ものの河豚は、熟成された甘み・うま味も格別で、
そこに目を付けた有名ホテルや都内の有名飲食店等から、
継続的に注文を受けるなど、順調に売り上げを伸ばしていました。

しかし、昨年春、コロナの影響で飲食店等からの注文がストップ!!

ご主人が育てた美味しい河豚を、
なんとか一般のご家庭に直接届ける方法はないか、と考えた
浜辺さんの奥さまが、Saka-Bizに相談にお越しくださいました。

■Saka-Bizの提案で5年河豚セットを発売!

お話をじっくりとお伺いさせていただいた後、
Saka-Bizが提案させていただいたのは「奇跡の5年河豚セット」の発売です。

これまでは、2年河豚と同じように販売していた5年河豚の
「希少性」や「うま味」を前面に出してPRすることで、
巣ごもり下で、贅沢グルメを求める一般家庭に向けて
販売する方法を提案しました。

5年河豚と通常の河豚との味の違いについて、
有名ホテルの料理長や飲食店の板前さんからコメントをもらい、
飼育のこだわりも盛り込んだプレスリリースを作成したところ、
2月18日付の四国新聞さまに取り上げていただきました!

その後も、RNCラジオや地元タウン誌(NICE TOWN)・TSC(テレビせとうち)から
取材依頼が相次ぎ、最初の新聞掲載からわずか1週間で、20匹を超える注文があったそうです。

冬の味覚のイメージが強い河豚ですが、
てっさや鍋以外にも、唐揚げや塩焼き等で1年中おいしくいただけるのだとか!
コロナで我慢が強いられる毎日。ご自宅で、少し贅沢に河豚三昧を楽しみませんか。

■事業者情報

河豚天海地(ふぐてんかいち)
住 所 :〒762-0066 香川県坂出市沙弥島82-2
連絡先 :TEL/ 0877-45-3734(090-7147-0471) 
担当者 :浜辺 奈津美
河豚天海地 (shikokusanchi.jp)

河豚天海地の浜辺奈津美さん(左)とセンター長