サポート事例

【サポート事例】琴参バスさん初の取り組み「バス de 島フィッシング」

抱えていた課題・チャレンジ

琴参バスさんは運行ルートの1つ、坂出駅前(香川県)~JR児島駅(岡山県)を結ぶ「瀬戸大橋線」の利用客について課題を抱えていました。瀬戸大橋線は、瀬戸内海に浮かぶ与島・櫃石島・岩黒島の島民が坂出・児島方面へ通学・通院・買い物をする際に利用されている方が大多数。しかし、新型コロナウィルスの影響により利用客が大幅に減少。それに伴い運行収益も悪化。このままでは島民の“生活の足”の確保さえ難しい状況となり、打開策を見出そうとサカビズに訪れました。

Saka-Biz(サカビズ)からの提案

対話の中で「島民以外はバスを利用しないと入島できない(与島・櫃石島・岩黒島)」、「岡山県からわざわざ釣りをするためだけにバスを利用する人がいる=穴場の釣りスポットがある」というのを知り、Saka-Bizはこの“限定された強み”を深堀して打ち出そうと提案しました。その結果、琴参バスと協働で「バス de 島フィッシング」と銘打って、新しいバスユーザーとして「釣り客」を香川県より呼び寄せようと決めました。さらに「パーク・アンド・ライド」を設置するのはどうかという意見があったため、「車からバスに乗り換える」ことを強調するため「パーク・アンド・バスライド」とうたうことを提案。この企画をより多くの釣りユーザーへ発信するべく、プレスリリース作成及び配信のサポートし、シーズン毎に釣れる魚の種類・釣りスポットのマップ化、時刻表に基づいたモデルコースの提示など細かい部分も提案しました。

*瀬戸中央自動車道の与島PAには、自家用車でも入れますが、島のその他エリアへは通行不可。


提案後の成果

「バス de 島フィッシング」は朝日新聞(3/25)、四国新聞(4/4)にて大きく掲載されました。また香川県坂出・宇多津のケーブルテレビKBNでの取材が確定しています。さらには、専門誌「週刊つりニュース」でも掲載が決まっており、Saka-Bizの支援事例としては初の専門誌掲載となり多くの注目を集めております。今後は、親子などビギナー向けに釣り具のレンタル企画を検討するなど、さらなる利用客層の拡大を図ってゆきます。

事業者情報

会社名:琴参バス株式会社

住所:〒762-0004 香川県坂出市昭和町2-611-83(坂出営業所)

TEL:0877-46-2213

公式HP:https://www.kotosan.co.jp/

※Saka-Biz(サカビズ:センター長 晄直紀)は香川県坂出市をベースとする中小企業・事業者・創業希望者向け経営支援拠点です。